事務所や店舗をMEO対策でアピール! お問い合わせは03-6677-0698まで

スマートフォンの普及とMEO

MEO対策トップ > スマートフォンの普及とMEO

スマートフォン時代の新しい集客

近年はスマートフォンの普及率が高く、2012年度までに半数以上の携帯電話ユーザーがスマートフォンに切り替わると言います。
そのスマートフォン上でGoogle検索を行うと、画面に占めるGoogleMapの表示の割合がパソコンより大きなものになります。

これは位置情報を取得できる携帯電話に周辺地域の情報を表示させる事で、よりユーザーにとって利便性の高い情報を提供できる事に他なりません。
スマートフォンにおいて地域名を入力した状態でGoogle検索をすると、周辺に存在する店舗や施設をより優先的に表示することができます。

GPSや基地局情報などを用いる事で位置情報を利用可能なスマートフォンにおいては、 GoogleMapに位置情報を反映する事で、「コンビニ」「定食屋」と言ったような曖昧な語句でも、 付くにある店舗を検索する事が出来るのです。

つまり今自分が居る場所を基準にして店舗情報を検索できるので、顧客が知り合いに「こういう店がある」とクチコミで広げて頂ける事も考えられます。 店舗の場所を具体的に知ることができるからこそ、その店に行こうとするハードルが低くなるのです。

例えばテレビの番組や、雑誌の特集などで紹介された店舗は翌日から大混雑になった、という事がよくあります。 これはテレビや雑誌で、お店やその商品やサービスが紹介されているという事だけでなく、そのお店の場所や内容などが細かく記載されていて、 行こうと思えば安心して行くことができるのです。
地図があることによって、「あの駅の近くだ」とか「よく通る道沿いだ」 と、具体的な場所がわかる事が「行ってみよう」と思えるキッカケの一つになります。

誰しも、行ったことのない店、初めて行く店、というのは少なからず不安を伴うものですが 地図情報の提供によって顧客の安心感を高める事が出来ると考えられます。

MEO対策が、顧客に商品やサービスの素晴らしさを知って頂ける一つのきっかけになるのです。

お問い合わせは03-6677-0698まで